【エレコム】8ボタントラックボールマウスで作業効率アップ!割り当ても紹介!感想・レビュー【M-XPT1MRXBK】

 

突然ですが……

 

トラックボールマウスって知ってます?

 

マウスの底面にボールの入ったやつじゃないですよ。

(最後に使ったのは小学校かな…。ボールだけ取ってイタズラしてましたね。)

 

こちらが紹介するトラックボールマウス。

 

面白い見た目でしょ?

 

マウスを動かさず、親指でボールを転がしてポインターを操作します。

親指じゃなく、人差し指や手のひらで操作するタイプもありますね。

 

普段からブログを書くのに使用していますが、まあ~便利!

トラックボールの魅力、メリット・デメリット、割り当てたボタンを紹介します!

 

購入理由

 

  • Mac のトラックパッドで指が擦れてイヤな感覚になる
  • トラックボールに興味があった
  • カスタマイズできるボタンが多い

 

MacBook Air で作業してるんですが、トラックパッドが好きじゃない。

指のこすれる感覚が気持ち悪いんですよ。

 

長時間使ってると特にそうで、ストレスになってました。

 

 

 

トラックボールのメリット

手首を動かさないから疲れにくい!

マウスポインタの操作は親指だけでおこないます。

 

マウスを持ち上げてブンブン振り回すことがありません!

 

一日中PCを使ってると、とにかく手首が疲れます。

手首→腕→肩の順番で疲れ・コリが出てくるんですよね……

 

手首なんか痛みを感じてました。

当然ストレスになりますし、腱鞘炎の心配もあります。

 

トラックボールならそんな悩みがなくなります!

 

「でも親指が疲れるんじゃね?」

 

たしかに!

最初の3日間は指がツリそうでした……

 

それ以降は快適に使用できています!

 

膝の上でも操作可能!省スペース!

場所を選ばず使えるのが魅力の一つです!

 

 

ファミレスやカフェで作業しようとすると、スペースが気になります。

一人用の机だったり、カウンター席だったりでマウスのスペースが取れないんですよね。(特にスタバのカウンター席!)

 

メニュー立てや、机に張り付いた「おすすめメニュー!」を移動させ、「さあやるか!」って感じでね。

 

トラックボールならマウス一個分のスペースだけで操作できます。

PCの横に置くとこんな感じ。

 

これ新幹線の机で大活躍ですよ。

幅の大きさ
新幹線の机 40cm
MacBook Air 32.5cm
トラックボールマウス 11cm
一般的なマウス 6cm

 

「トラックボールマウス、はみ出てるやん!!」

はみ出ても大丈夫なんですよ。

 

こうやってPCに乗せてしまえばいいんです。

 

斜めになっても使いにくいことはありませんね。

使いやすいようあえて斜めになってるマウスもあるくらいですし、ムリな形じゃないです。

 

なんなら膝の上でも使えます。

 

 

普通のマウスだと動かすスペースがないときでも、場所を選ばず使えるのは強みになりますね。

 

その他のメリット

  • 底面のラバーが強力でズレない
  • 左右クリック以外に8ボタンをカスタマイズ可能(割当をジャンプリンクで誘導

 

 

 

トラックボールのデメリット

  • 割り当てたボタンは押し続けても連続で動作しない。
  • 感度変更ボタンが底面にあり、素早く変更ができない。

 

 

トラックボールのボタン割り当て

 

 

 

トラックボールで作業効率は上がった

これまでトラックパッドでちまちまやってたので、大幅なスピードアップです。

 

 

  • 手が疲れない
  • 多ボタンでショートカットキーの幅が広がった

 

上のメリットが大きく影響してます。

 

ストレス抱えながら作業するのは耐えられませんからね……

毎日使うものだと特にそう。

 

「興味があるけど異質すぎてちょっと……」

 

安いものなら3,000円から販売してます。トラックボール入門にはいいかも。

近くの電気屋さんで体験するのもオススメです!(ぼくも体験してから買いました!)

 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA