【重いゲーミングチェアにピッタリ】床の傷・凹みを防ぐ「Grideto」のチェアマットを紹介!【感想・レビュー】

「ゲーミングチェアにチェアマットは必要なのか」

こんなふうに悩むことはありませんか?

 

チェアマットは2,000~3,000円のものが多く、決して高い買い物ではありません。

ですが、できるだけ出費は抑えて他の周辺機器にお金を使いたいですよね。

 

実際にチェアマットを使用しているぼくが、オススメのチェアマットを紹介します。

チェアマットが必要な理由、使ってみた感想などを説明するので、使用を考えている人は参考にしてみてください。

 

床の傷・下の階への騒音が気になる

チェアマットを使う理由は

  • フローリングに傷を付けないようにする
  • 下の階への騒音を抑える

この2点です。

 

ゲーミングチェアの重さは20kg前後が大半で、座ると80kg近くまで重くなります。

 

フローリングの床でキャスター付きの椅子を動かすと、傷や凹みの原因になってしまいます。

家が賃貸なら退去時に数千円~数万円の修繕費用を請求されることもありますからね……。

 

さらに、キャスターの動く「ゴロゴロ」という音が下の階へ響き、知らず知らずに騒音問題を引き起こしてることも。

 

チェアマットを使った感想

購入した「Grideto」のチェアマット

他にもチェアマットがある中でこの商品を選んだ理由は、

  • 厚さ1.8mm
  • 値段が安い

 

重さが20kgを超えるゲーミングチェアの場合、一般的なチェアマットの厚さ1.5mmというのは不安があります。

厚みがなければマットを敷いていても床が傷つきますからね。

 

「3,000円程度で1.5mmを超える厚さ」という条件を満たしたので購入しました。

結果、床が傷つくことなく使用できているので満足しています。

 

チェアマットを置くとこんな感じ

ゲーミングチェアを置いた感じ

 

購入時に心配だったのが

  • 椅子のキャスターがチェアマットを乗り越えられるか
  • チェアマットがズレないか

 

チェアマットの厚みは1.8mmとそれほど厚くありません。

キャスターが乗り越えるときには大きな引っ掛かりを感じませんでしたね。

 

このチェアマットは見た目に反して、重量が1.9kg。

裏面のツヤ入り加工と合わさって本体がズレにくくなっています。

 

マット表面には凹凸のエンボス加工がされており、キャスターの移動がスムーズで快適です。

 

床暖房に対応

チェアマットの中にはEVA樹脂という可燃性の素材で作られているものがあり、床暖房が使えません。

このマットは耐熱温度が -40℃~120℃ なので床暖房でも問題なく使用できます。

 

巻クセは一日でなくなる

このチェアマットはグルグルに巻いた状態で届きます。

一日使っていれば丸みはなくなるので問題ありません。

使わないときは巻いて収納できるので、場所を取らず便利ですね。

 

自由にカットできる

「使っている机とサイズがあわない!」

ご安心を。サイズが合わなくても、ハサミで自由にカットすることが可能です。

マットは90cm×120cmの大きさなので、使っている机の大きさに合わせることができます。

 

掃除が簡単、掃除機で吸い上がらない

PE素材は汚れやシミに強く、飲み物をこぼしても簡単に拭き取れます。

水洗いも可能で、床に染み込むことがありません。

 

掃除機をかけるときもカーペットだと吸い上がることがあります。

前述のとおり、マットの重さが1.9kgあるので持ち上がることなくストレスを感じません。

 

Bauhutte ゲーミングチェアマット

ゲーミングチェア、ゲーミングデスクを販売する「Bauhutte」から、ゲーミングチェアマットが販売されています。

ゲーミングチェアマットの特徴は

  • ゲーミングデバイスと相性のいいカラーリング
  • デスクまでカバーできる大きさ
  • 厚さが2mmでゲーミングチェアの重さにも耐えられる

ゲーマーをサポートするための仕様になっています。

 

チェアマットっでシンプルなデザインのものばかりで、デバイスのカラーと合わないんですよね。

この商品なら、「青黒ストライプ」「赤黒ストライプ」があるのでカラーリングに統一感を持たせたいひとにはオススメです。

 

まとめ:ゲーミングチェアと合わせてチェアマットも

実際に使ってみた感想、ゲーミングチェアマットを紹介しました。

これといったデメリットは感じませんでしたね。

 

一般的なオフィスチェアなら重さが10kgにも満たないので、チェアマットが必要ないこともあります。

ですが、重量の大きいゲーミングチェアならそうはいきません。

 

気づいたら床や傷や凹みだらけで見た目が悪く、修繕費用まで払うなんてイヤですよね。

ゲーミングチェアを買うなら、チェアマットも購入することをオススメします。

 

購入したチェアマット

 

ゲーミングチェアマット

 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA